福井 絵巻味噌

2018 | 企画、パッケージ開発 | 株式会社 米五 × おいしい絵巻編集部

 

「福井 絵巻味噌」は、「伝統食というと少し変わったものや豪華なものばかり注目されるけれど、実は地域の民話に登場する食べ物はみんな伝統食なのでは?」という気付きから生まれた商品です。巻物状のパッケージに書かれた民話を読み進めていくと、中からこだわりの味噌があらわれます。

 

題材に選んだお話は、福井県は越前海岸沿いに伝わる、焼き味噌が登場する民話「化けもの大蛇と四郎太夫」。絵巻の裏面には、焼き味噌をテーマにしたレシピや当時の暮らしを考察したミニコラムを掲載しました。連綿と受け継がれてきた民話と食材の組み合わせが、「いま、ここ」だけではない、地域の食文化の厚みと広がりを楽しむきっかけになれば幸いです。

 

 

福井 絵巻味噌は、プロジェクトチーム「おいしい絵巻編集部」と、天保二年創業の味噌屋、株式会社 米五の共同開発商品です。おいしい絵巻編集部は『日本各地に眠る「食べものが出てくる民話」と「民話に出てくる食べもの」を一緒に楽しむ』というコンセプトのもと、今後も絵巻物で食材を包んだ商品を開発していきます。

 

Credit:

製造、販売:株式会社 米五

企画、パッケージ開発:おいしい絵巻編集部(室谷かおり、森敏郎、今飯田佳代子)

多言語対応食品情報プラットフォーム提供:FOODIST INFORMATION

イラストレーション:イラストレーター 中野友絵

レシピ提供:料理研究家 須永夏美

撮影:カメラマン 片岡杏子

 

Special Thanks:

未来につなぐ ふくい魅える化プロジェクト X School 関係者の皆様

プロジェクトチーム旧メンバー 田中綱紀様 瀧波龍太郎様

前身企画「絵巻弁当」試作協力 株式会社 番匠本店様

株式会社 未来社様

坂井市地域おこし協力隊 唐川詠美子様

坂井市竹田農山村交流センター ちくちくぼんぼん様

知的財産綜合事務所 NEXPAT様

 

(C)2017 toshiro mori design